【株】初心者でもわかる「出来高」について

どもども!

himaです!

今回は株価チャートでテクニカル分析の一つの指標である「出来高」についてわかりやすく解説したいと思います。

目次

1.出来高とは?

2.出来高と株価の関係

3.まとめ

4.オススメ証券会社

 

1.出来高とは?

出来高とは、売買が成立した株数のことです。

この出来高でわかることは、銘柄の人気や相場の動きなどが分かります。比較的に東証一部の銘柄の出来高は多い傾向にあります。

 

(SBI証券の株アプリより)

こちらの画像でもわかるようにランキング形式にするとやはり東証一部の銘柄が多いです。

 

2.出来高と株価の関係

出来高の増加と減少は株価に影響することが多いです。

銘柄の出来高が急激に増加することがあります。

例えば、画期的な新商品発表、会社の不正、仕手、噂、好業績などです。良くも悪くも株価に影響を与えることが多いのです。

 

(SBI証券の株アプリより)

この画像からわかるように166.8円に株価が下落した次の日の値が飛んでます。飛んだ日の出来高は普段よりも倍の売買が行われていました。

一般的に、「出来高は株価に先行する」といわれています。もちろん絶対ではありませんが、株価の動きを見る一つの指標として取引する時はチェックしてみてください。

あと、出来高が少ない銘柄はあまり株価が変動しない印象があります。

3.まとめ

出来高は株価と連動したり、しなかったりとあるので指標の一つとして参考にしてみてください。

ではでは!

4.オススメ証券会社

 

 

 

 

コメントを残す