【未来的な食事!?】完全食を食してみた

どもども!

himaです!

今回は完全食というものを食してみました!

目次

1.完全食とは?

2.完全食のメリット・デメリット

3.どんな人に向いてるの?

4.完全食の感想

5.まとめ

 

1.完全食とは?

完全食とは、健康を維持するのに必要な栄養を取れる食品です。

完全食を販売している会社一覧

・Huel

・ソイレント

・COMP

・BASE FOOD

・日清食品グループ

 

■Huel (ヒュール)

©︎Huel Japan公式サイト

Huelは2014年イギリス生まれの完全栄養食品です。

Huelの製品は2015年6月から出荷され、2016年にはヨーロッパ、2017年にはアメリカへと着々と世界に普及しています。そして、今では世界80カ国以上で販売していると報告しています。

Huelとは「人間の燃料」という意味みたいです。

主な製品

・パウダー

・ドリンク

 

■ソイレント

©︎soylent公式サイト

2013年にアメリカ人のロブ・ラインハート氏によって開発された完全食です。

ビジネスの立ち上げとき苦労した際に、食事を不要にして食費を削減しようと思ったのが、ソイレントを開発するきっかけになったそうです。

2016年10月にソイレントのスナックバーを食べた結果、体調不良を訴える人が急増し販売を中止。パウダー式も同様のトラブルが発生したため販売中止。

その後原因追及をした結果。トラブルの原因となった成分を含まないソイレント製品を2017年に販売することをソイレントCEOロブラインハート氏は「Bloomberg」の記事にて伝え、その後製品の販売を再開しました。

主な製品

・ドリンク

・パウダー

・バー

■COMP

 

日本人が開発、2016年頃に販売が始まった日本発となる完全食となります。

日本で販売されている完全食の一つです。

 

自分自身完全食がすごく気になっていたので、COMPを買ってみました!

味の感想については後ほど書きたいと思います。

主な製品

・ドリンク

・パウダー

・グミ

 

■BASE FOOD

©︎BASE FOOD 公式サイト

BASE FOODもCOMP同様に日本の完全食となります。

BASE FOOD®には、1食で1日に必要な栄養素の1/3がすべて含まれています

BASE FOODより引用

・主な製品

・パン

・ヌードル

BASE FOODではどちらも固形タイプの完全食となります。

■日清食品グループ

完全栄養食品ジャンルに日清食品グループが参入してきました!

・主な製品

・パスタ

パスタの商品名は「ALL-in NOODLES」です。

BASE FOODと同様に麺類の完全食です。

大手食品メーカーも完全栄養食品の販売を始め、テレビで取り上げられたりと完全食ブームがすぐそこまできているのかなと私は思いました。

 

2.完全食のメリット・デメリット

・メリット

・すぐ作れる(時短)

・手軽に栄養が取れる

・食事が楽

・献立を考える必要がない

 

とにかく楽です!

そしてひとり暮らしている方にオススメです!

ひとり暮らしの食生活は乱れやすいので、バランスの良い栄養を取りたい!

そんな時に完全食で補うことができます。

 

パウダーorドリンク系であれば、調理する必要がないので、手軽に食事を取ることができます。

 

・デメリット

・味がイマイチ(個人的な感想)

・飽きやすい

・満足感がない(食べたくなる?)

・お金がかかる

 

デメリットは食への満足感がなく腹は満たされるが、食事が作業的になり、楽しめなくなってしまうことだと私は思います。

そして、毎日3食食べるとなると、ちょっと…..となるかもしれないです。

 

3.どんな人に向いているのか?

ずばり!

効率的に栄養を摂りたい方!

趣味・勉強・仕事等、日常生活で食事を取る暇がない位忙しい方!

ダイエットをしている方

食事を楽にしたい方

などです!

ダイエットをしている方に関しては、食生活の改善として取り入れるのは有りかと思います。

4.完全食を食した感想

私はCOMPのパウダータイプを購入しました。

 

味に関しては、豆乳みたいな味だと思いました。

最初飲んだ時はちょっと苦手だなと思いましたが、今ではごくごく飲めます!

プロテインよりおいしいと思いました!

 

5.まとめ

完全食は世界各国で販売されており、また日本でも国産の完全食が販売されています。もし気になった方は体験してみてはいかがでしょうか?

 

数十年後の世界ではもしかしたら完全食がメジャーになっているかもしれませんね!

ではでは!

 

コメントを残す